足のトラブルに多い【巻き爪】と【陥入爪】

実は、当院に来院される患者さんの中には、『足の爪が痛くて靴が履きにくい・歩きにくい』と悩んで来られる患者さんが意外と多くいらっしゃいます。

その中には、【巻き爪】・【陥入爪】と呼ばれる症状を足の親指に起こす方が多く、足のトラブルの代表となっています。

足の指は体重を支えるとともに、地面からの衝撃を受け止め、中でも親指はその重要な役割を担っているとされています。それだけに足の爪はトラブルに見舞われやすく、負荷が一番かかる親指の爪に起こる事が多いのが特徴です。

巻き爪、陥入爪とは?

まず、巻き爪とは何かご説明します。

簡単に言うと、爪の端が変形し、内側に巻き込んでしまうものを指します。

通常の爪が平らに対し、アルファベットのCのように丸くなってしまったり、ホッチキスの針のように直角に折れ曲がったり等、個人によって形は様々です。

運動や長時間の歩行、ぶつけるといった外力で爪が圧迫されると痛みが出やすくなってしまいます。

そもそもなぜ爪は巻いてしまうのか。

皆様の爪も平らより少し弧を描いていませんか?

爪自体は巻き気味に生える性質があります。

通常は歩くときに加わる地面からの圧力が、爪が巻こうとする力に対抗して、これを抑えています。

このバランスが崩れてしまう事で、巻き爪になってしまうのです。

バランスを崩すことに関わる要因として、ハイヒール・パンプス等の先が細く爪を圧迫する靴を履くことや、足の指で地面を踏みしめる歩き方ができないことが挙げられます。

続いて陥入爪について、ご説明します。

陥入爪とは、爪が周りの皮膚に食い込んで、痛みや炎症を伴っている状態を指します。

炎症がひどくなってしまうと、感染を起こしてしまい激痛が起きたり、巻き爪に移行してしまう場合もあります。

陥入爪により起こる炎症症状

巻き爪の方が発症してしまうことが多いようですが、巻き爪ではない方も発症する場合もあります。

原因として、最も多いのは【深爪】です。

よく爪が靴に当たって痛いことや爪で靴下に穴が開くのが嫌だから短く切るといったことをしている方いらっしゃいませんか?

深爪の状態だと、地面からの圧で先端にある皮膚が盛り上がり、爪が伸びてきたところに爪がぶつかり傷を作ってしまい陥入爪になるといわれています。

皮膚が盛り上がる事により、爪が真っすぐ伸びずに巻き爪になってしまったり、伸びない事で爪に段差が出来てしまう事もあります。

痛みを何とか抑える様に伸びてきた爪を切ってしまう事が多く、深爪を繰り返し悪循環になってしまうのです。

予防策としては、まず『爪切り』が大切です。

爪の長さ:指の先端と同じかやや長めにカットする。


爪の角:爪切りで斜めに角を落とすのではなく、ヤスリで丸く整える程度に。

爪切りの形:爪切りも色々な刃があります。直線のものも有れば、湾曲しているものもあります。

一番おススメな形としては、直線の形状の爪切りです。水平に切ることで、爪の角を斜めに切らずに済みます。

正しい爪切りを行うことで、ほとんどの巻き爪・陥入爪は防げます。

ただし、発症した場合には重症度によっては対処法が変わってきます。

軽度であれば、米粒に丸めたコットンを爪と皮膚に挟む方法や爪と皮膚の間を広げるテーピングも有効です。

重症になってしまった場合は、一度医療機関に受診し診察してもらうことが必要です。

軽度だから大丈夫だろうと思っていると、いつの間にか痛みが強くなってしまい、靴や靴下も履けなくなってしまう方も少なくはありません。

何事も早期の対処と、正しい対処が大切ですね。

陥入爪に対するテーピング処置

当院では、上記に挙げたコットンパッキングやテーピング療法を始め、巻き爪にワイヤーを引っ掛け、爪を平らに近づけて行くVHO療法、陥入爪となった爪の幅を切除する手術療法など1人1人にあった治療を行っております。

当院で行うVHO療法

巻き爪外来など詳しくは、当院のホームページの記事をご覧いただき、お問い合わせいただきますようお願いいたします。

交通事故治療に力を入れています
交通事故治療は予約できます!
・初診の時
・整形外科の再診
・リハビリ

インスタグラム
知って得する医療ニュース 交通事故編
むちうち首の痛み肩の痛みなどお気軽にご相談ください

投稿日:2021年7月30日|カテゴリ:医療情報