腰椎椎間板ヘルニア

腰

日常よく見かける疾患のひとつに腰椎椎間板ヘルニアがあります。
症状としては腰痛や下肢の痛み・痺ればどが主体です。腰痛だけではヘルニアの可能性は低いですが下肢の痛みや痺れが伴っているとその可能性が高くなってきます。
病態は腰椎と腰椎の間のクッションとなる腰椎版に慢性的な圧力が加わり、内部の髄核と言われる部分が飛び出して脊髄と圧迫するというものです。

原因としては肥満や無理な運動、長い時間の座位(車の運転など)・重量物の運搬などが挙げられます。
診断は身体所見の他にレントゲンである程度は推測が可能ですが、確定診断にはMRI検査が必要になってきます。

治療としては消炎鎮痛剤の内服や外用などの投薬や、牽引などの各種理学療法(いわゆるリハビリ)・神経ブロック・コルセットなどがあります。
当院では前記の全て行っておりますのでお気軽に受診してください。
また、こういった保存的治療で改善の見られない方は東京医科歯科大学病院など他施設への紹介もさせて頂いております。

背中の痛み

背中の痛みをおこす疾患について大きく分けて脊椎や関節、神経、筋肉などに原因のある整形外科的なものとその他のものがあり、分けて考えてみましょう。 整形外科的なものからお話ししましょう。

何と言っても一番多いのは筋肉、靱帯から来る痛みです。
背中(胸椎)には首や体幹、上肢からの筋肉や靱帯が付着していてストレスがかかるところです。強い力が加わったり、弱い力でも長年にわたり繰り返し力が加わることで筋肉や靱帯が損傷して痛みをおこすことがよくあります。
なかでも僧帽筋に痛みがおこることが多いようです。
僧帽筋は首や背中の後ろから始まり肩甲骨や鎖骨についている比較的大きな筋肉で、首や上肢の大きな動きを支えているため負担が大きく、疲労がたまりやすく、損傷しやすいと思われます。また肩こりにも大きく関係しています。

実際に日常的に患者さまを診察しているとこの痛みによく遭遇します。
治療としては加温、マッサージなどの患部をほぐす治療、運動療法、投薬(外用薬、内服薬)なども併用します。
肩こりだから、習慣だから、治らないからとおっしゃらずにご相談ください。

ご予約、お問い合わせ