神経根症状型とは

頚椎の並びに歪みが起こる事により自律神経の通り道が狭くなることがあります。
これにより自律神経が圧迫され、悪くすれば損傷につながるケースもあります。脊椎を通る神経根は根っこのような太い神経の塊が伸びて、肩や上肢などの末梢神経へ伸びています。そのために神経根が圧迫されると支配領域となる身体の各部に 頭痛、手足のしびれなどとして現れます。また 咳やくしゃみ、何気ない首の曲げ・廻しにも痛みを伴う事がよくあります。

神経根症状型の症状例

主な自覚症状

  • 首の深部に痛みを感じる。
  • 首の後ろ側から肩甲骨に疼痛がある。
  • 肩から上腕部に痛みやしびれ、だるさを感じる。
  • 左右どちらかの指にしびれを感じる。
  • 顔面に痛みを感じる。

ヘルニアの原因ともなり、安静にしていても、咳やくしゃみをした時、首を曲げた時に症状が強まることがあります。

治療について(方法・期間)

神経根症状型の治療では、疼痛が激しい患者に対して、ステロイド内服薬が限定的に処方されますし、非ステロイド系消炎鎮痛剤、ビタミンB12、筋弛緩剤、安定剤などが用いられます。

むち打ち症状に付随して不安や不眠がある場合は、抗うつ剤が処方されることもありますが、生活上の具体的な留意点としては、うがいやひげそり、台所の片付けや洗濯物干しなど、日常の動作でとにかく上をむかないことがポイントとなりますし、仕事中は特にコンピュータ作業に伴う顔の上げ下げへの注意が必要です。

ご予約、お問い合わせ