骨粗鬆症

骨密度測定(骨粗鬆症検査)

当院の骨密度測定(骨粗鬆症検査)装置は、GE Healthcare 社製 PRODIGYで最新の機器を採用しております。
数年前まで、骨密度測定は手首や足のかかとで行われてきましたが、近年、腰椎(腰の骨)と大腿骨頚部(太ももの付け根の骨)から、より高精度なデータを得られるようになってきました。("DXA法"といいます)
現在、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されているものです。

骨粗鬆症検査

  • DXA法による骨密度測定
  • 血液検査:血液中のカルシウム濃度など、骨粗鬆症に関する検査項目を調べます。
  • 尿検査:尿中に含まれるカルシウム濃度などを調べます。
  • レントゲン検査:胸椎・腰椎(背骨)の変形などを調べます。

※検査内容は、患者さんの年齢や症状によって選択していきます。
整形外科専門医が診察し、必要な検査を提案いたします。

「骨密度検査はやりたいが、血液検査はちょっと…」
「初めて骨密度検査を受けるので不安…」
「まだ若いけど検査はしてもらえるの?」
「苦しくないですか?痛みはないのですか?」等々

患者さんの質問・ご希望があれば遠慮なくご相談ください。
相談させて頂きながら、可能な範囲でご要望にお応えいたします。

検査をご希望の場合は、まずは整形外科を受診してください。予約は不要です。
骨粗鬆症検査は健康保険が適用されます。必ず保険証をお持ちください。

ご予約、お問い合わせ