膝の痛み

膝

日常的によく見かける病態の一つに、高齢者の膝痛がありますが、多くは「変形性膝関節症」といって、関節の軟骨がすり減ってしまう病気です。
痛みが強い場合は、痛み止めを飲んだり、湿布薬を貼ったりしますが、当院では主に理学療法(いわゆるリハビリ)を行って治療しています。

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、何らかの原因で膝関節の機能が低下し、膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形が生じる病気です。
軟骨がすり減っていくと動かしたときの衝撃が吸収できなくなり非常に強い痛みを生じます。
50歳代以上の男女、特に女性に多く、40歳代から徐々に増え始めます。

変形性膝関節症にかかると、ひざの痛みのためあまり歩かなくなり、脚の筋肉が衰えていきます。膝を守っている筋肉が衰えると更にひざに負担がかかります。このような悪循環から脱するためには、早期に治療を受けることが大切です。
早期に治療を受ければ、痛みをコントロールして病気の進行を遅らせることができます。

変形性膝関節症の主な症状

膝を動かした時の痛み

変形性膝関節症の主な症状としてあげられるのが、膝を動かしたときに生じる膝の痛みです。
初期の段階では立ち上がるときや歩き始めなど、膝に体重がかかりやすいときに痛むことが多くなってきます。
もう少し症状が進行してくると階段の上り下りのとき、正座したときなど、特別な動作をしたときにも痛みが生じるようになります。
じっとしていると痛みが軽くなりますが、病気が進行していくと安静時でも痛みがとれないことがあります。

膝に水がたまり、腫れる

関節に炎症が起こり、ひざのお皿の周辺に水がたまります。(関節水腫)
水がたまるとひざが腫れて、動かしにくくなったり、痛みが生じたりすることがあります。

動きづらくなる

症状が進行していくと正座やしゃがむなどのひざを曲げる動作が難しくなったり、ひざを伸ばすことが難しくなったりします。
また、歩き始めるときに横にぶれることがあります。

ご予約、お問い合わせ