睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる、または、浅く・弱くなる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」。

眠っている間の無呼吸に気付くことができないために、多くの方が検査・治療を受けていません。日本の潜在患者数は、300万人以上とも言われています。

この病気が深刻なのは、眠っている間に繰り返される無呼吸で、日常生活に様々なリスクが生じる可能性があることです。

睡眠とは、本来、日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのもの。
この睡眠中に、無呼吸が何度も繰り返されることで、身体中の酸素が低下し、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。本人は気付いていなくても、眠っている間中、脳や身体には大きな負担がかかっています。これによって断続的に覚醒した状態になるので、脳や身体は休息することはできません。

それにより、日中に、強い眠気を感じたり、倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、様々な活動に影響が生じます。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因とは?

睡眠時無呼吸症候群の病態でもっとも多いものが上気道(空気の通り道)が眠っている間に塞がる、または部分的に狭くなることで起こります。これを、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Syndrome=OSAS:オーサス)と言います。

こんな症状ありませんか?

夜、寝ている間

□ 大きないびきをかく
□ いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
□ 呼吸が止まる
□ 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
□ むせる
□ 寝汗をかく
□ 何度も目が覚める(お手洗いに起きる)

朝、起きたとき

□ 口が渇いている
□ すっきり起きられない
□ 熟睡感がない
□ 頭が痛い、ズキズキする
□ 身体が重いと感じる

日中、起きているとき

□ 強い眠気がある
□ ふとした時に居眠りをしてしまう
□ だるさ、倦怠感がある
□ 集中力が続かない
□ いつも疲労感がある

 

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS:オーサス)が引き起こす合併症

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Syndrome=OSAS:オーサス)になると、睡眠中に身体の酸素が不足して酸欠状態になり、この酸素不足を補おうとして心臓や血管に大きな負担がかかります。この状態が長く続くと、様々な生活習慣病の合併症を引き起こす可能性があります。
米国でのOSASの患者さん170万人を対象とした報告では、生活習慣病の合併症の増加がみられました。そして、年齢が上がると、とくに循環器系疾患(脳卒中、心不全、虚血性心疾患、不整脈)が増加します。

 

検査~治療までの流れ

あやせ駅前整形外科・内科では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行い、CPAP療法の治療まで対応いたします。担当は、内科:松本です。お気軽にご相談ください。

松本医師 担当医表はこちら

 

セルフチェックしてみましょう

以下のセルフチェック☑をしてみましょう。
来院の際にお持ちください。

 

合計が3点以上の方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性が高いです。あやせ駅前整形外科・内科
松本医師の受診をお勧めします。

松本医師 担当医表はこちら

ご予約、お問い合わせ