AGAってなに?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAは進行します

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人*、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

 *20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人

AGAの特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAの原因の発見

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

 DHT:5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。ヘアサイクル:髪の毛1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えるという成長期、退行期、休止期をくりかえしています。これをヘアサイクルと呼んでいます。
AGA

AGAの特徴

AGA(エージーエー)は抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。 また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGAでは普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

当院での治療~AGA外来とは

内科医が診察し、処方します。

AGAに対して、内服薬である
フィナステリド(商品名:プロペシア1㎎)、又はデュタステリド(商品名:ザガーロ5㎎) で治療を行います。

治療薬について

1.治療のポイント

・期待できる効果は、抜け毛の進行を遅くし、現状を維持すること及び髪の毛を増やすことです。
・薄毛が気になりはじめたときに、対処するのが最も有効です。
・抜け毛が減ったかどうかが効果の目安です。
・効果の判定には、まずは6ヶ月間、飲み続ける必要があります。

2.治療薬の働き

ザガーロ:抜け毛の原因物質であるDHTの産生を抑える薬です。期待できる効果は、ヘアサイクルを正常化を促し、毛髪数を増加させることです。

プロペシア:DHTの産生を抑える薬です。期待できる効果は抜け毛を少なくして、AGAの進行を遅らせることです。また、一部の人では髪の毛が増える効果も見られます。

3.治療薬の効き目

ザガーロ:脱毛部位に、太く長い毛の本数が増えるといった効果が期待できます。

プロペシア:5年間の臨床試験の結果で、90%の人に、抜け毛の進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められています。

4.お薬の飲み方

ザガーロ、プロペシアともに、1日1回の飲み薬です。食前でも食後でも効果に差はありません。20歳以上の成人男性のみ服用できます。※20歳未満の男性、また、女性は服用できません。

5.お薬の効果判定

ザガーロ、プロペシアともに、治療効果は、抜け毛が減ったかどうかが効果の目安となり、その判定には6ヶ月間継続して服用が必要です。

6.副作用

ザガーロ

10人に1人以下であらわれる主な副作用として、勃起不全、性欲減退、射精障害などがあり、これらの副作用はザガーロの服用中止後も持続する場合があります。詳細については、別小冊子にてご確認ください。

プロペシア

プラセボ(薬効成分を含まない偽薬)を対照とした1年間の国内臨床試験において、副作用の発現頻度は4.0%でした。
主な副作用は性機能の低下(リビドー減退や勃起機能不全など)、消化器障害(下痢、胃部不快感など)、臨床検査値異常(総コレステロール増加、ALT上昇など)です。しかし、副作用の発現頻度はプラセボ投与群との間に有意差は認められず、安全性の高い薬剤と考えられます。

治療費について (全て税込)

ザガーロ

初診料(税込み) 7,560円
再診料(税込み) 2,160円
薬剤費(ザガーロ4週分=28錠) 8,680円
薬剤費(ザガーロ8週分=56錠) 17,360円
薬剤費(ザガーロ12週分=84錠) 26,040円
検査料(肝機能の血液検査) 2,900円

プロペシア

※当院のプロペシアは正規品です(ジェネリック薬品ではありません)
初診料(税込み) 7,560円
再診料(税込み) 2,160円
(プロペシア4週分=28錠) 8,000円
薬剤費(プロペシア8週分=56錠) 16,000円
薬剤費(プロペシア12週分=84錠) 24,000円
検査料(肝機能の血液検査) 2,900円

初診時の費用の例

下記の『注意事項について』 をご参照ください

  • 肝機能に異常がなくザガーロを処方された場合・・・
    初診料(7,560円)+薬剤費(4週分、8,680円)=16,240円
  • 肝機能に異常がなくプロペシアを処方された場合・・・
    初診料(7,560円)+薬剤費(4週分、8,000円)=15,560円
  • 肝機能の血液検査をする場合・・・
    初診料(7,560円)+検査料(2,900円)=10,460円

再診時の費用の例

下記の『注意事項について』 をご参照ください

  • プロペシアを4週分処方された場合
    再診料(2,160円)+薬剤費(4週分、8,000円)=10,160円
  • プロペシアを12週分処方された場合
    再診料(2,160円)+薬剤費(12週分、24,000円)=26,160円
  • ザガーロを4週分処方された場合
    再診料(2,160円)+薬剤費(4週分、8,680円)=10,800円
  • ザガーロを12週分処方された場合
    再診料(2,160円)+薬剤費(12週分、26,040円)=28,200円

※再診時に血液検査をお受けになった場合には、上記の金額に検査料2,900円が加算されます。

注意事項
  • 診察時、医師とお話し、相談して頂いた結果、お薬が出ない場合でも初診料または、再診料を頂きます。
  • 初診時にお薬を処方する場合は、4週間分(28錠)のみ、それ以降の診察時には、1回の診察で12週間分(84錠)まで処方することができます。
  • ザガーロ、プロペシアの処方は4週間分(28錠)単位となります。これよりも少ない単位での処方は行っておりません。
  • 不要となったザガーロ、プロペシアの返品や返金はできません。
  • 肝臓に異常がある方は安全に治療を続けることができません。健康診断などで行った血液検査の結果に異常がある場合、以前から肝機能に異常がある場合などは、まず、肝機能の検査を行い結果確認後、処方することがあります。
  • ザガーロ、プロペシアは、長期間飲み続けるお薬です。安全に治療を続けるため、安全に治療を続けるため、当院で定期的に血液検査を受けて頂き、肝機能をチェックしていきます。血液検査の1回目は、初診時から約1ヶ月後くらいです。ただし、他の医療機関での血液検査の結果や、健康診断の結果をお持ち頂ける場合は、当院での血液検査は不要になることがあります。その際は、医師にご相談ください。
  • ザガーロの血中濃度が完全にゼロになるには6ヶ月程度かかるため、挙児希望(子作りを希望)で薬剤の影響が心配な方は6ヶ月以上前からザガーロの服用を中止する必要があります。また、献血も同様に、献血しようとする6ヶ月以上前から服用を中止する必要があります。
  • ご来院の際は、健康保険証をお持ちください。
    AGA外来・治療は、自費診療(健康保険は使えません)となりますが、血液検査や、診察の結果で他の病気が疑われた場合、その病気は健康保険の適用となり、保険診療で対応させて頂くことがあります。
ご予約、お問い合わせ