バレ・リュー症候群型(頚部交感神経刺激症状)とは

むちうち症は痛み、目まい、耳鳴りや吐き気といった自律神経症状が顕著にみられます。
頚椎の中を通る自律神経へのダメージが起因しております。わずかに脊椎の椎間孔からでている神経が事故によって過緊張状態になった筋肉によって圧迫される状態にあります。重いものでは頚椎動脈にも影響を与える事も多々あります。

バレ・リュー症候群型の症状例

自覚症状が中心となり、以下のものが認められます。
  • 内耳の症状:めまい、耳鳴り、耳づまり
  • 眼の症状:眼のかすみ、疲れ、視力低下(眼精疲労)
  • 心臓の症状:心臓部の痛み、脈の乱れ、息苦しさ
  • 咽喉頭部の症状:かすれ声、喉の違和感、嚥下困難
  • 頭痛、頭重感
  • その他の症状:上肢や全体のだるさ、上肢のしびれ、注意力散漫など

治療について(方法・期間)

治療方法としては、星状神経節ブロック 療法が有効であり、7つある頚椎の一番下(第七頚椎)のあたりにある星状神経節という全身の交感神経が集まっている、いわば神経かたまりともいえる場所に、微量の麻酔薬やレーザー照射でバレ・リュー症候群の原因となっている自律神経の緊張を押さえ働きを正常に戻す事により身体全体の症状を改善させる事が出来る治療方法です。

この 星状神経節ブロック 療法の効果は、痛みを一時的に楽にするというものでは無く、痛み続けて疲れきった神経を楽にする事で痛みの悪循環を絶ち、自律神経本来の調子を取り戻させるのが治療の目的ですので、早い人だと数回の治療で完治する事もあります。

ご予約、お問い合わせ